スプリング糸での胸の引き上げモニター募集します


鶴舞公園クリニックの今月のご予約受付は終了しました。次のご予約受付日は3月1日(水曜日、10:00-18:30)からです。7ヵ月後の来年10月分のご予約をお受けいたします。公平のためお電話のみのご予約とさせていただいております(直接来院してのご予約は受け付けておりません)。ご了解くださいm(_ _)m。

かねてより告知しておりました通り、スプリング糸での胸の引き上げのモニターを募集します。ご希望の方は、052-264-0212までお電話ください。
応募要領は下記の通りです。
また、当面は、慎重を期すため、当院で過去に顔面にスレッドリフトの施術を受けたことがあり、その結果に満足している方のみを対象とします。
総合病院の倫理委員会での認証を受けています。また、UMIN登録を済ませた前向き研究です。

==========
下垂した乳房の糸による引き上げの研究に御参加いただくにあたって

 
顔面のたるみに対する糸での引き上げ施術は、近年一般的になってきています。しかし下垂した乳房の糸での引き上げはあまりなされていません。この研究は、顔面のたるみの引き上げに使うものと同じ材料(ナイロン糸によって作成されたアプトススプリング)によって、下垂した乳房を引き上げるものです。以下の概要とメリット・デメリットをよくお読みの上、よろしければご参加ください。
 
【施術の概要】
アプトススプリングは、グルジアの形成外科医スルマニゼによって、2003年に考案されました。プラスチックの糸をコイル状に成型したものを皮下組織に挿入することで、組織の弾力・伸縮性を高め、たるみの引き上げを行うものです。


糸の素材はナイロンです。スルマニゼはポリプロピレンを用いましたが、弾力性を比較した結果、ナイロンのほうが優れていることが判ったので、私たちはナイロン糸を用いています。外科用のナイロン製の縫合糸を加工して作成します。
これを頬に入れると、口横のたるみが引きあがります。

 

今回の研究では、これと同じ施術を下垂した乳房に対して行います。下の方は左胸の下垂が強く、糸を3本左側のみに入れました。施術前よりも引きあがって下垂が改善したことがわかります(解りやすいように、両肩と両乳頭を青い線で引いてあります)。
 


【メリットとデメリット】
この施術のメリットは、術後の腫れが少ない点です。体への負担が少なく、気軽に若返りができます。
デメリットは、乳房というのは、ボリュームがあるため、必ずしもしっかりとは引きあがらないかもしれない点です。
挿入した糸は、一か月後くらいまでは抜去できますが、3か月以上経過すると抜去が困難となることがあります。また、局所感染症や異物感(上から糸の端が触るなど)があった場合など医学的に必要な場合には、抜去するなど対応しますが、それ以外の場合(例えば、仕上がりに問題ないにも関わらず、心理的に異物が入っていることが嫌になって抜きたくなったというような場合)には、抜去しません。
また、抜去すると、後に小さな傷が残ります。
挿入された糸は、マンモグラフィーでは検出されませんが、超音波エコーでは同定されます。したがって、今後乳房検診を受ける際には、担当医に糸が入っていることを申告していただいたほうがいいです。
そのほか、未開拓の分野ですので、予期しない合併症が生じることはありえます。合併症が生じた場合の治療費などはご負担ください。
施術を担当する鶴舞公園クリニックの深谷医師は、顔面へのこの施術について多数の経験があります。また検診と術後の合併症の相談を担当するナグモクリニック名古屋の山口医師は乳房専門医です。二人の専門家のコラボによる企画ですので、信用はしていただけると自負しております。

 
【その他】
1 費用について:研究段階でありますので、費用は発生しません。無料で施術します。ただし術前術後のナグモクリニックでの乳房検診の費用はご負担ください(一回4000円程度とのことです)。
2 対象は、50才前後(閉経後)から65才までの健常女性で、整容的観点から乳房下垂の改善を希望し、乳房検診によって異常を認めなかった方10名です。
3 具体的な施術の流れは下記です。
まずは、ナグモクリニック(名古屋)にて乳房検診を行います。
鶴舞公園クリニックにて、片側性の下垂の場合は下垂側に、両側性で左右対称の場合にはどちらか片側に、下垂の程度に応じて数本のアプトススプリング糸を挿入します。
施術1週間後および1か月後に、術後の腫れ・血腫などを確認するために診察を行います(鶴舞公園クリニック)。
施術前、直後、3か月目で写真撮影、判定を行います(鶴舞公園クリニック)。写真は医学雑誌への投稿や学会報告に使用します(お顔は撮影しません。胸だけです)。また、個人を特定できる情報は公開しません。データは厳重に管理します。
引き上げが有効であった場合には、左右をそろえるべく、またはさらなる引き上げを期待して追加で糸を挿入することがあります。
6か月目、12か月目に写真撮影を行い、中期効果の判定を行います。5年後に長期効果と合併症の有無の判定を行います。
4 代替治療について:乳房のたるみ引き上げには、外科的手術もあります。この場合は研究の対象ではありませんので費用が発生しますが、ご希望の方はナグモクリニックでご相談ください。
 

☆―――――☆―――――☆―――――☆―――――☆

和子先生と丸の内にあるナグモクリニック名古屋までご挨拶に行ってきました。

山口先生の診察風景。もともと山口先生には、うちのお客さんで豊胸希望のひとを紹介したこともあり、お付き合いはさせていただいていました。HPは→こちら

山口先生とのスリーショット。・・和子先生が真ん中ですが、女性挟んだほうが絵になるだろうというだけで、和子先生はこのプロジェクトとは実は何の関係もありません。
 

帰りに大須で栗子焼買ってきました。私ももう58才。実のところ、胸を糸で引き上げて名を上げようとか、クリニックの収益増やそうとか、そういう欲はもうないです。まあ、みんなで気楽に楽しく「若返り同好会」みたく面白いことして毎日が過ごせれは幸いって感じですね。昔の部下の女医さんたちもこうやって集まってきてくれるし。
 
(H29.2.16記)