和子先生の若返り

 
鶴舞公園クリニックの今月のご予約受付は8月2日でいっぱいになりました。次のご予約受付日は9月1日(木曜日)です。7ヵ月後の来年4月分のご予約をお受けいたします。公平のためお電話のみのご予約とさせていただいております(直接来院してのご予約は受け付けておりません)。ご了解くださいm(_ _)m。
 
うちのクリニックのビルの2階でアートメイクの仕事始めた(→こちら)和子先生。開院祝いに糸入れました。
和子先生、うちに来て積極的に若返りに取り組み始めたのはこの1年ほどなので、継続的にメンテナンスしている典子先生よりは変化が解りやすいです。
 
下は10年くらい前、40才頃です。私が開院して2~3年目だったか、遊びに来た時の写真です。
国立病院でいっしょに働いていた20才台の頃よりも上まぶたがかぶってきて、法令線も深くなってきたなあ、と思いました。親しかった人の昔の面影が消えていくのは寂しいものです。この写真を撮ったあと、とりあえず何本か頬に糸入れて引き上げました。
  

下は久しぶりに会った1年前、50才前後です。頬は10年前の糸が頑張ってくれていますが、まぶたがさらに下がってきて小狸みたいです。本人は強がりなのか、本気でそう思っているのか、「素敵なおばあさんになりたい♪」なんて、楽観的なこと言ってました。
  

「素敵なおばあさんになりたい♪」とか言う人たまにいるのですが、もし強がりでなくて本気でそう思っているなら、老いというものをなめています。老いと友達になんかなれませんよ。人生でいちばん手強い敵だし、最後には打ち負かされます。
そういったことを説いて、和子先生をちょっとねじ伏せて無理やり上まぶた切って、頬にまた糸入れました。和子先生、わりと素直に私の言うことを聴く一面もあります。
その後、PRPとか目回りも処理して、糸も追加で何回か入れて、ここまでレストアしました。このくらいだと、私が知ってる昔の彼女の顔に近いです。


年配のお客さんで、「お棺に入ったときに笑われたくないから、しみを取って綺麗にしておきたい」って真顔で言う人がいましたが、人生「死ぬまで若返り」です。素敵なおばあさんなんて糞食らえ、自分の娘や嫁、さらには孫娘と張り合うくらいの気持ちを胸に秘めてこそ、正しい女性の生きる道だと思います。
結果的に周りの皆が幸せな気持ちになるしね♪。女性の美しさは社会の財産です。
(2016/07/21 記)