スプリングアプトスによる胸の引き上げ

 
鶴舞公園クリニックの今月のご予約受付は9月2日でいっぱいになりました。次のご予約受付日は10月1日(土曜日)です。7ヵ月後の来年5月分のご予約をお受けいたします。公平のためお電話のみのご予約とさせていただいております(直接来院してのご予約は受け付けておりません)。ご了解くださいm(_ _)m。

注:スプリングアプトスは「スプリングスレッド」とは全く別物です→こちらこちら

胸の下がりを糸で引き上げる試みは、昔からいろいろされています。10年くらい前にアプトスの創始者スルマニゼが、鎖骨で折り返して糸を引っ掛ける方法を工夫していました。ちょっと大がかりでプチ整形の域を超えます。
実は私もときどき思い出したように、アイデアをひねるのですが、なかなかうまくいきません。お顔のたるみと違って、胸はボリュームがあるからでしょう。
今回、スプリングアプトス(自作糸なので、「スプリングアプトスもどき」ですが・・)という伸縮系の糸でやってみたところ、ちょっと良さそうかな?という感触を得たので、ご紹介です。
モニターはお友達のお友達です。・・さすがに胸ってのは、スタッフも簡単には協力してくれません。ほかのスタッフたちの前であらわになるわけだし。
 
術前 左胸(向かって右)が下がっています。これを右に合わせるべく引き上げるのが今回のミッションです。

下はイメージ。この方向にコイル状の糸を入れて引き上げます。

赤矢印がデザイン。この方向に3本挿入します。

施術動画です。YoutubeにUpしました。画像をクリックするとリンクに飛びます。ちょっと痛そうですが、静脈麻酔下なので、本人は痛くも怖くもないです。
 https://www.youtube.com/watch?v=kfS6Ry-qDGs 
 
直後。完全ではないですが、ちょっと引きあがりました。

疑い深い方のために、両肩と両乳頭を青い線でつないで比べてみました。

Youtubeの動画の最後の英語のキャプション、”That's one small step for woman, one giant leap for womankind.”は、月面に踏み出したアームストロング船長のせりふのもじりです。「一人の女性にとっては小さな一歩だが、全女性にとっての大きな第一歩。」
まあ、そんな大げさな話でもないんですが、アメリカンジョークです(^^;。笑ってください。
 
この胸のスプリングアプトスによる引き上げ、長期効果もわからないし、そもそもうちのクリニック、私一人でやってるんで予約入れる余地もないので、正規メニューにはまだ上げてないです。常連さんで気心知れている方、もしくは、女医さんでモニター志願の方(もちろんお顔も名前も出しません)いらっしゃったらご連絡ください。お代は仕上がりに応じて相談して決めましょう(^^;。この方のように、左右差があって整えてみたいという方などは、結果が解りやすいのでいいと思います。

今回は試験的なので3本ですが、感触としては、片側に10~20本くらい入れるとしっかり上がるんじゃないかと思います。とりあえずこの方、半年ほど経過を見て良さそうなら追加入れます。またここに報告しますね。
(2016/09/22 記)